骨盤ダイエット ランキング(オリジナル)



第1位

山田式骨盤ダイエット法





1日15分の、テレビを見ながらでもできる

たった2つの簡単なストレッチとある呼吸法さえすれば、

モデルのようなバストが大きくて、くびれのある細いウエストの体型に

大変身できるダイエットがあったら、今すぐ知りたくないですか?





第2位

オリエンタルダイエット


寝ているだけで、いきなり5分後にお腹が・・・





第3位

骨盤スピードダイエット〜北原メゾット〜


たった60秒の簡単な骨盤矯正で平均ウエストが4.6センチダウンし、

さらに1週間で体重が−2.3キロダウンした骨盤スピードダイエット。





2007年06月11日

産後ダイエット 脂肪細胞のお話

産後ダイエットをする時に知っておきたいのが脂肪細胞のことです。

この脂肪細胞は基本的に細胞数は増えないのですが、

一生の内3回だけ細胞数が増えてしまう時期があります。

それは、乳幼児期、思春期、そして出産時期になります。

通常は脂肪細胞の数は変わりませんから太った!痩せた!というのは

脂肪細胞そのものの1ヶの大きさが大きくなったか、小さくなったか

ということになりますが、3回の時期には細胞数そのものが増えてし

まうということになります。

一度増えた細胞数は減りませんので注意が必要です。


そこで今日は脂肪細胞はどんな動きをしているのかについてお話して

みたいと思います。


私たちのカラダにある脂肪細胞は


「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2種類があります。

私たちが一般的に脂肪と言っているのは

「白色脂肪細胞」のことです。


私たちが、食事などで食べ過ぎちゃうと、エネルギーとして

消費された以外の余分なカロリーは脂肪細胞の中に運ばれて

脂肪細胞の中に蓄積されていきます。

これが、「白色脂肪細胞」ということになります。


この「白色脂肪細胞」はご存知のように、下腹部やお尻、太もも、背

中、二の腕、内臓のまわりに よく蓄積されているものです。

この「白色脂肪細胞」は悲しいことに、余分なカロリーを

中性脂肪という形で蓄積してしまう働きがあるんですね(_ _)


それに比べ「褐色脂肪細胞」というのは

私たちにとって、うれしい働きをしてくれるんです♪


「褐色脂肪細胞」というのは首のまわりとか脇の下、

肩甲骨のまわり、それに心臓、腎臓のまわりにあります。

この「褐色脂肪細胞」がうれしいのは、

蓄積された「白色脂肪細胞」を燃焼させ、余剰エネルギーを

逃がしてくれる働きがあることです。


子供を生む気持ちで頑張ります^_^)♪
人気blogランキングへ
産後ダイエット応援ありがとうございます

ただ、この「褐色脂肪細胞」は全体の脂肪細胞の内わずか、1%

しかありません。

しかも、生まれたての赤ちゃんの時がピークで、成人になると

ピーク時の40%程度まで減ってしまいます。

年齢とともに脂肪が付きやすくなるのはこの「褐色脂肪細胞」が

減ってくるのも大きな要因です。


一方、「白色脂肪細胞」は胎児のとき、生後1年間、思春期など

に特に増えます。

また、それ以外でも食べすぎが続くことで増えてきます。


この「白色脂肪細胞」が他の細胞と違う点は、いったん脂肪細胞

が増えると、ほとんど死滅しない、要するに減らないという事で

す。

つまり、太るということは、一個一個の脂肪細胞に中性脂肪が蓄

積されて、脂肪細胞が膨らんでいくという状況です。

逆にダイエットで痩せるということは、脂肪細胞のなかの脂肪を

外に運び出して燃やしていく。

そのことによって、脂肪細胞そのものを小さくしていくという状

況になります。


この「白色脂肪細胞」を燃やしてエネルギーに変えるには

「褐色脂肪細胞」の活動を活発にしてあげることが大切です。


この「褐色脂肪細胞」の働きを活発にしてあげる方法として

寒冷刺激というのがあります。

水温18℃程度での水泳も効果があるようです。

また、お風呂のとき、水のシャワーを浴びるのも良いでしょう。

その他に気をつけたいことは、夜更かしをしない規則正しい生活

をすることも、この「褐色脂肪細胞」の働きを活発にしてくれる

方法です。


もうひとつ、大切なこととして、細胞の中にあるミトコンドリア

が大きな役割をしています。

脂肪をエネルギーに変える仕組みをTCAサイクルといいます

が、このTCAサイクルを動かすのに、ミトコンドリアが大きな

役割をしています。


ミトコンドリアはすべての細胞に含まれていますが、

「褐色脂肪細胞」には「白色脂肪細胞」の約1000倍のミトコ

ンドリアが含まれています。

それだけに脂肪を燃やす働きが強いわけです。

また、この「ミトコンドリア」は「白色脂肪細胞」の中にも含ま

れていますので、TCAサイクルを活発に動かすためには

酸素、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養素が必要になります。


栄養をバランスよく摂取することが必要なこと、規則正しい生活

が重要なこと分かっていただけたでしょうか♪


健康なダイエットの方法とは、要するに脂肪細胞の中にある余分

な脂肪を燃やすことになります。


産後ダイエットもそのメカニズムを知り、それを効率よく脂肪が

燃えやすいカラダを作ることが大切です。


子供を生む気持ちで頑張ります^_^)♪
人気blogランキングへ
産後ダイエット応援ありがとうございます

posted by 産後でキレイママ・hiro at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨盤ダイエット基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44548719

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。